頻尿の原因は様々ありますが、今回は頻尿の原因の一つである【前立腺肥大症】についてお話したいと思います。

前立腺肥大症の症状と原因

50代以降の男性の2人に1人に症状が出ると言われている前立腺肥大症とは、前立腺が肥大することと言います。

前立腺肥大は、前立腺の内腺に良性の腫瘍ができ、前立腺全体のサイズが大きくなるこが原因になります。

前立腺とは男性にしかない臓器で、膀胱の出口から尿道の周囲を包むように存在し、男性ホルモンの影響を強く受けています。

前立腺が肥大すると尿道を圧迫し、尿の通りが狭くなるため、排尿トラブルの元になります。

また、前立腺の神経が異常に活発になり、尿道を締め付けたりします。

このような状態になると、膀胱には尿が溜まっているのに、尿をうまく出すことができません。

すると尿の出始めが遅れる、尿に勢いがない、トイレに時間がかかる、尿のキレが悪いといった症状が出ます。

また、前立腺肥大症が悪化すると尿がほとんど出ない状態(閉尿)になってしまうケースがあります。

前立腺肥大症の症状 – その2 –

前立腺肥大症の症状は、尿の通りが狭くなることによって尿が出しにくい排尿トラブル以外に、尿が出すぎる症状がでることもあります。

尿道の圧迫により、膀胱に溜まった尿が1度に全て排尿しきれないと、膀胱は常尿を無理に出そうと常に活動を続けます。

すると膀胱の活動が異常に高まり、過活動膀胱になってしまい、膀胱にあまり尿が溜まっていない状態でも、排尿筋が収縮しだします。

その結果、トイレが近い、急な強い尿意などの頻尿状態を引き起こします。

前立腺肥大症の方の方は、前立腺の肥大化と膀胱トラブルが同時に起こっている可能性がとても高いです。

前立腺肥大症の治療は

前立腺肥大の症状が初期の場合、αブロッカーという種類の薬の服用により症状が軽減します。

この薬には、尿道の筋肉を緩める働きがあり、尿道を通りやすくする効果があります。

過活動膀胱の症状が伴っている場合

過活動膀胱も伴ってしまっている場合、αブロッカーと一緒に過活動膀胱に効果のある抗コリン薬を服用する必要があります。

抗コリン薬は膀胱の収縮を抑える薬です。

場合によっては、残尿が増えてしまうこともあるため、残尿量を計測しながら薬の量を増減します。

前立腺肥大症の手術は

前立腺が肥大してしまった場合、薬での治療は困難なため、手術が必要になってきます。

前立腺肥大症の手術は「TUR-P(軽尿道的前立腺切除術)」が主流です。

TUR-Pは、尿道から内視鏡を入れ、前立腺の中心部を削り取る手術になります。

下半身麻酔、もしくは全身麻酔をして手術は行われます。

全部で約2時間の手術となり、手術直後は排尿困難になるため、尿道カテーテルを挿入し、そこからの排尿になります。

内部を削り取るため、出血が伴いますが、開腹手術ではないため、手術後の入院期間は短いです。

また、手術後の排尿状態は見違えるほど良くなり、もっとはやく手術をすればよかったという方がほどんどです。

TUR-P(軽尿道的前立腺切除術)の危険性は

前立腺の中心部を削り取るため、事前に知っておきたいTUR-Pの危険性についてまとめました。

出血

前立腺の肥大が大きいほど出血量が多くなります。

出血が多くなりそうな時は、手術中に輸血を行います。

そのため、事前に医師との相談のもと、本人の血液を事前に採取します。

手術中、輸血が必要になった場合、事前に採取した血液で自己血輸血が行われます。

また、出血は手術後も続きます。

血尿として出血したり、手術後10〜20日経った頃に起こることもあるため注意が必要です。

場合によっては再手術の可能性もあります。

前立腺に穴が開いてしまう

前立腺内部にある腫瘍を削り取るため、削りすぎて穴が開いてしまう可能性があります。

手術中は出血が伴うため、水を流し、幹部が見える状態にしています。

穴が開いてしまうとその水が前立腺の外へ出てお腹の中に入り込んでしまう危険性が出てきます。

大きく穴が開いてしまっている場合は、手術を中止します。

尿漏れ

前立腺を削りすぎてしまった場合、尿漏れしやすくなってしまいます。

尿道狭窄

内視鏡の手術や尿道カテーテルなどで尿道が炎症を起こしてしまうと、尿道が狭くなってしまう恐れがあります。

精管結紮

感染予防のために、精管を切断することもあります。

そのため、性生活のある人はこのようなことを理解した上での手術が必要になります。

前立腺肥大症の薬と治療薬

前立腺肥大症にはαブロッカーが効果的です。

主なαブロッカーは下記の5つになります。

プラゾシン(ミニプレス)

プラゾシンは前立腺のα1A,D受容体も遮断し排尿障害を改善する効果があります。

また、血液を拡張させ、血圧を低下を促します。

これは、プラゾシンが血管のアドレナリンα1B受容体を選択的に遮断するためです。

シナプス前膜のα2受容体への遮断作用は極めて低いく、ノルアドレナリンの遊離には関与しないため頻脈は起こしにくいとされています。

ウラピジル(エブランチル)

α1A,D受容体も遮断することにより、交感神経の緊張を緩め、排尿困難を軽減させます。

また、高血圧治療薬でもあります。

ナフトピジル(フリバス)

ナフトピジルはα1受容体を遮断し、前立腺や尿道の緊張を緩和します。そのため、前立腺肥大症に伴う蓄尿障害の治療に効果があります。

タムスロシン(ハルナールD)

ハナール(一般名:タムスロシン)は、α1受容体を遮断し、前立腺や尿道の緊張を緩和します。

そのため、前立腺肥大症に伴う蓄尿障害の治療に効果があります。

シロドシン(ユリーフ)

シロドシンは、前立腺に多く存在している、α1受容体を遮断します。

前立腺肥大症に伴う蓄尿障害の治療に効果があります。

前立腺肥大症の症状の他に、過活動膀胱も伴っている場合、過活動膀胱の改善に効果のある抗コリン薬も一緒に服用します。

主な抗コリン薬は下記の5つになります。

オキシブチニン(ポラキス)

肌に貼る薬、テープ剤による治療薬であるオキシブチニンは下腹部、腰あたりに貼って使用します。

オキシブチニン自体は過活動膀胱の治療薬として開発された日本初の医薬品で、テープ剤として再開発されました。

膀胱の収縮を抑え、膀胱へ尿がたまる量を増やし、尿の回数を減らします。

プロピベリン(バップフォー)

膀胱の収縮を抑え、膀胱へ尿がたまる量を増やし、尿の回数を減らします。

過活動膀胱の他、や尿意切迫感、尿失禁の治療にも処方されます。

ソリフェナシン(ベシケア)

副作用が少なく、膀胱平滑筋に対する選択性が高い抗コリン薬の一つになります。

そのため、膀胱の異様な収縮を解消し、膀胱に尿を溜めておくことができる正常な状態に戻します。

トルテロジン(デトルシトール)

膀胱に対しての選択性が高い抗コリン薬です。

膀胱の異様な収縮を解消し、膀胱に尿を溜めておくことができる正常な状態に戻します。

イミダフェナシン(ステーブラ、ウリトス)

膀胱の異様な収縮を解消し、膀胱に尿を溜めておくことができる正常な状態に戻します。

膀胱の異常な活動やその影響で頻尿に悩んでいる方にオススメの薬になります。

前立腺肥大症の症状まとめ

中年男性の2人に1に見られる症状の前立腺肥大症は男性にかない臓器、前立腺が肥大してしまう病気です。

尿道の周囲にある前立腺が肥大化すると、尿道が圧迫し、尿の通りが狭くなるため、排尿トラブルの元になります。

また、平滑筋が交換神経の働きにより異常に活発になり、尿道を締め付けます。

肥大が進むと尿が出ない閉尿する可能性があります。

頻尿症状の他、過活動膀胱も伴うケースもあり、それぞれに対した治療薬を服用します。

症状が悪化すると、前立腺の内側にある腫瘍を取り除く手術を行います。