頻尿の原因は複数ありますが、今回は頻尿の原因の一つである【残尿感】についてお話いたします。

残尿感の原因は

トイレへ行って排尿してもスッキリせず、膀胱に尿が残っている感じがある残尿感は、放置すると腎臓の機能の低下や腎不全を起こす危険があります。

残尿は、1回のトイレで膀胱にある尿を全て出し切れないと感じます。

膀胱が小さくなったからではなく、尿道の通りが悪くなることが原因です。残尿を感じることで、すぐにまたトイレへ行きたく頻尿になるます。

尿道の通りが悪くなる病気としてあげられるのは、前立腺肥大症・前立腺がん・尿道狭窄(にょうどうきょうさく)などがあります。

また、脊髄損傷の後遺症、糖尿病、子宮を摘出する手術により、膀胱の神経麻痺が起こることでも同様の症状が出ます。

残尿感のある頻尿の原因は、病気だけではありません。ストレスや不眠症、不安などの心因性のものでも頻尿症状がでます。

女性と男性では、残尿感がでてしまう原因が少し変わってきます。

女性の残尿感の原因とは

女性の残尿を感じる病気の原因には、膀胱炎、骨盤性器脱、尿道症候群、神経因性膀胱炎があります。

各原因について詳しくみていきましょう。

膀胱炎が原因の残尿感

膀胱炎は女性が一生のうちに一度はかかる病気と言われています。膀胱炎とは細菌が尿道から膀胱に入り込み、感染し、炎症を起こす病気です。

女性は男性よりも尿道が短いため、膀胱まで細菌が入り込みやすくなっています。膀胱炎経験者の半数以上が女性であるのはそのためです。

膀胱炎になると、強い尿意や、排尿間隔が短くなったり、残尿感という症状が出てきます。

中には、急激な尿意を感じる膀胱炎もあり、トイレに間に合わず、尿漏れを起こしてしまうこともあります。

骨盤性器脱が原因の残尿感

女性特有の病気になります。

私たちの膀胱、腸、子宮(女性のみ)、膣(女性のみ)は骨盤内にある、骨盤底筋群という筋肉によって支えられています。

この筋肉が衰弱してくると、各臓器が本来の位置から下り、膣から出てきてしまう病気が骨盤性器脱と言います。

出産を経験されら女性の半分以上がこの骨盤性器脱の症状が出ています。これは、妊娠により、骨盤が開き、出産時に骨盤底筋に負荷がかかるためです。

残尿感などの頻尿症状が必ず出るとは限りませが、膀胱が下がり、負担がかかっているため症状が出やすくなります。

尿道症候群が原因の残尿感

尿道症候群になる原因ははっきりと分かっていませんが、尿道が炎症を起こしている状態です。

細菌感染が原因で尿道が炎症を起こしてしまう、尿道炎と症状が似ており、下腹部の痛み、排尿痛、残尿感などがあります。更年期前後の女性に多く見られます。

神経因性膀胱が原因の残尿感

排尿には、脳と脊髄、神経。膀胱の連携がとても大切になってきます。

そのため、脳血管障害や脊髄損傷、下腹部の手術や糖尿病などで膀胱を調整している神経に負担がかかると、スムーズな排尿ができなくなってしまいます。

そのため、残尿感や頻尿などの症状が起こる可能性があります。

男性の残尿感の原因とは

男性の残尿を感じる病気の原因には、前立腺肥大症、前立腺炎、神経因性膀胱炎、膀胱炎があります。

各原因について詳しくみていきましょう。

前立腺肥大症が原因の残尿感

前立腺肥大症は中年の男性に多く見られる病気の一つです。

年齢を重ねるごとに前立腺の内側の部分に良性のしこりができ、サイズが全体的に多くなってしまいます。

前立腺は、尿道の周囲を包むように存在しており、肥大していしまうと尿道を圧迫し、膀胱にたまった尿が全て出し切れない状態になってしまいます。

膀胱には尿が残っているため、残尿を感じます。

前立腺は男性にしかない臓器です。

前立腺炎が原因の残尿感

前立腺炎は、前立腺肥大症よりも若い男性を中心に見られる病気です。

急性の場合、細菌性のものと非細菌性のものに分かれます。

細菌性は、尿道から侵入してきた細菌が、前立腺で炎症を起こします。

細菌以外で尿道が炎症を起こすことを非細菌性と言います。

どちらも症状はほぼ同じく、排尿痛、頻尿、残尿感になります。

また、下腹部や足の付け根などの痛みを伴う場合があります。

神経因性膀胱が原因の残尿感

排尿には、脳と脊髄、神経。膀胱の連携がとても大切になってきます。

そのため、脳血管障害や脊髄損傷、下腹部の手術や糖尿病などで膀胱を調整している神経に負担がかかると、スムーズな排尿ができなくなってしまいます。

そのため、残尿感や頻尿などの症状が起こる可能性があります。

膀胱炎が原因の残尿感

尿道から細菌が侵入し、膀胱で炎症を起こすことを膀胱炎と言います。

男性の尿道は女性よりも長く、膀胱まで到達し、感染する前に細菌は尿で流され排出されることが多いです。

そのため、膀胱炎経験者の半数以上が女性ですが、男性も膀胱炎になることがあります。

膀胱炎になると、強い尿意や、排尿間隔が短くなったり、残尿感という症状が出てきます。

中には、急激な尿意を感じる膀胱炎もあり、トイレに間に合わず、尿漏れを起こしてしまうこともあります。

先ほども記載した通り、男性が膀胱炎にかかることはほとんどありません。

上記のような症状が出た場合には膀胱がんや前立腺がんなどが考えられるため、男性の膀胱炎の症状には注意が必要です。

残尿感と痛みの関係とは

残尿感で下腹部などに痛みを感じた場合、どのタイミングで痛むのかが分かると、おおよその病名が分かります。

こちらでは、確認程度となりますので、詳しくは病院ではやめの受診をお勧めします。

まず、尿のではじめが痛む場合、尿道炎、前立腺炎、淋菌感染症(性感染症)の疑いがあります。

次に排尿中が痛い場合、尿道結石、尿道腫瘍、尿道狭窄など尿道に異変が起こっている可能性が非常に高いです。

特に男性は尿道が長いため、尿道結石が原因であることが非常に高いです。

尿が終わる頃が痛む場合、膀胱炎や尿路結石が疑われます。

排尿の際に痛みが伴っている原因を早く見つけ出すことが早期改善へ繋がります。

男女の残尿感の原因まとめ

男性、女性ともに臓器の違いで残尿感の原因となるものは多少変わってきます。

男性の場合、前立腺肥大症、前立腺炎、女性の場合、骨盤性器脱です。

男女とも共通している残尿感の原因は、膀胱炎、神経因性膀胱、尿道症候群になります。

ただ、膀胱炎、尿道症候群は症状が出ている方のほとんど女性になります。

残尿感は、膀胱そのものの容量が少なくなり、尿を溜められなくなってしまったのではなく、尿の出が悪くなる病気が原因になっています。

病気以外に睡眠不足、食生活の乱れ、ストレス、喫煙などが残尿の原因となる場合もあります。