頻尿の原因は様々ありますが、今回は頻尿の原因の一つである【尿道炎】についてお話したいと思います。

尿道炎の原因は

尿道に菌が入り込み、炎症を起こしてしまうことで尿道炎になってしまいます。

尿道炎の原因菌は大きく分けて細菌が原因の細菌感染か、それ以外の雑菌が原因の雑菌感染に分かれます。

細菌感染の多くは、クラミジアや淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマなどの細菌が性行為により尿道に入り、感染します。

特にクラミジアや淋菌が原因菌の半数以上をしめています。

ただ、1回の性行為で必ず感染するわけではなく、保持者の菌の量や種類によって感染度合いは変わってきます。

雑菌による尿道炎は、体が菌に対しての免疫力が低下すると、性行為時や、もともと尿道にあった大腸菌やブドウ球菌などが、感染してきます。

雑菌性の尿道炎の場合、性行為後に排尿することにより尿道炎は起こりにくくなります。

尿道炎による症状

尿道炎の症状は原因菌により、感染してから発症するまでの潜伏期間が変わってきます。

尿道炎は、女性よりも男性の方が尿道が長いため、男性の方が尿道炎になりやすい体質になっています。

また、女性の場合、尿道から膀胱までの距離が近いため、尿道炎と診断された場合、膀胱炎も併発していることがほとんどです。

淋菌感染による尿道炎とは

尿道炎の感染菌のほとんどを占める淋菌は、感染してから発症するまで、約1週間以内です。

淋菌感染による尿道炎の症状は、濃い粘り気のある黄色い膿が尿道から出てきます。

下着が汚れるほどどろっとした膿になります。

また、排尿時の痛みも強く、尿道口が赤く腫れあがるほどの症状がでます。

尿道炎の中でも一番早く、分かりやすい症状がでるのが淋菌感染になります。

クラミジア感染による尿道炎とは

尿道炎の感染源のほとんどを淋菌とともに占めているのがクラミジア感染になります。

クラミジア感染は感染してから発症するまで、約3週間以内です。

クラミジア感染による尿道炎の症状は、さらさらとした粘り気のない透明の膿が尿道からでます。

量も少量で排尿痛も軽いのが特徴です。ただ、尿道のかゆみや違和感を感じることがあります。

女性がクラミジア感染した場合、自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに男性へ感染させてしまうケースがほとんどです。

マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染による尿道炎とは

マイコプラズマ・ウレアプラズマは感染から発症までに約5週間です。

マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染による尿道炎の症状は、量も少量で排尿痛も軽いです。

ただ、尿道のかゆみや違和感を感じることがあります。

症状としてはクラミジアとほぼ同じですが、発症までの時間が長いのが特徴になっています。

尿道炎の病院での検査と薬

尿道炎の症状を感じたら、すぐに病院へ行きましょう。

近年の検査では、昔のように、尿道に綿棒を入れるような検査はほとんどなく、尿検査で原因菌が分かります。

淋菌感染者は、薬の服用での治療で完治することはほぼありません。

短期集中で治療する必要があるため、筋肉注射か点滴を1回打つことで症状は軽減します。

クラミジア感染者は、1〜2週間の薬の服用が最も効果のある治療法になります。

また、マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染者も同様、薬の服用による治療法になります。

いずれも、最後までしっかりと治療を受け、体内から原因菌を完全に排除させる必要があります。

尿道炎の原因、症状と薬(市販薬)のまとめ

尿道炎の原因菌は大きく分けて細菌が原因の細菌感染か、それ以外の雑菌が原因の雑菌感染に分かれます。

細菌の種類は、淋菌、クラミジア、マイコプラズマ・ウレアプラズマに分かれ、それぞれの菌により潜伏期間、症状は異なります。

一番症状が重い淋菌は短期間での治療が必要となってくるため、薬の服用でなく、注射や点滴での治療になります。

クラミジア、マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染者の方は1〜2週間の薬の服用による治療になります。

原因菌は、半数以上が性行為により感染し、ほとんどの割合で男性に症状がでます。

性行為後に排尿し、尿道にある菌を洗い流すよう心がけたり、性行為の際コンドームをつけるなどすることにより、尿道炎予防につながります。

もし感染してしまった場合、パートナーにも感染している恐れがあるため、2人での受診をお勧めします。