今回は頻尿についてではなく、通常の尿はどのようにつくられているのか?についてお話したいと思います。

おしっこ(尿)は体のここで作られている

尿を作り、蓄え、体外へ排出するまでの道筋となっている器官のことを「泌尿器」と言います。

泌尿器には尿を作る腎臓、尿を膀胱へ運ぶ尿管、尿を蓄える膀胱、尿を体外へ出す管尿道があります。

それぞれの器官が正常に働くことにより蓄尿・排尿を行うことができます。

それぞれの器官について詳しく見ていきましょう。

腎臓の働き

腎臓では毎日血液から尿が作り出されています。

腎臓には1分間に約1リットル、1日に約1500ℓもの血液が常に送られ、その血液をろ過し、使える成分と使えない成分に分けています。

この使えない成分として分けられた水分や塩分が尿になります。

尿は1日に血液の1000分の1、約1.4〜1.5ℓ作られています。

このようなことから腎臓は別名血液のリサイクル工場とも言われています。

腎臓は背骨の少し上辺りにあり、握りこぶしぐらいの大きさ、約150gほどしかない臓器です。

背骨を挟んで左右に1つずつ存在し、脂肪組織で固定されています。

沈黙の臓器と呼ばれ、悪化しないと症状が出にくく、腎臓を悪くしてしまうと元の状態に戻せないため注意が必要です。

尿管の働き

腎臓と膀胱を結んでいる尿管は、尿の通り道になっています。

ろ過後の尿は、腎臓の中の腎杯(じんぱい)へ流れ、腎盂(じんう)に一時的に集められます。

その後腎臓よりも下にある膀胱へ尿が移動します。

尿は流れるように膀胱へいくのではなく、尿管の筋肉、平滑筋(へいかつきん)が伸びたり縮んだりするぜん動運動を繰り返すことにより数十秒の間に少しずつ運ばれます。

膀胱の働き

尿管から送られてきた尿は膀胱に溜まっていきます。

膀胱は通常300〜500mlもの尿を溜めることができます。

場合によっては我慢すると500ml以上溜めることも可能ですが、このような状態を続けてしまうと膀胱に大きな負担がかかり、膀胱、腎臓がトラブルを起こす原因になるため避けましょう。

膀胱は袋の形をしており、内側は、神経が張り巡らされている粘膜で覆われています。

この粘膜が尿量や炎症など膀胱の状態を感知し、指示を仰ぎます。

また、外側は排尿筋と呼ばれる筋肉で囲われており、蓄尿中は筋肉が緩んでいるため、尿をたくさん溜めることができます。

尿道の働き

膀胱にある程度尿が溜まると、脳との連携後、排尿されます。

膀胱の尿を体外へ排出する管を尿道と言います。

尿を溜めている間、尿道の筋肉である内尿道括約筋が閉まっている状態です。

排尿するタイミグで、膀胱の排尿筋が収縮し、内尿道括約筋が緩み、尿が流れ排尿されます。

排尿筋と内尿道括約筋が逆の動きをすることで、蓄尿・排尿できます。

また、尿道には内尿道括約筋の他に、外尿道括約筋という、尿道の外側を輪っか状に包んでいる筋肉があります。

この筋肉は、尿を我慢する際に働く筋肉になり、自分の意思で動かすことができます。

トイレを我慢している時はこの筋肉が締まり、排尿する時は緩んでいます。

尿道の長さは男女で異なり、男性は20cm〜25cm、女性は3cm〜5cmで女性の方が短くなっています。

おしっこ(尿)はどのように体外へでていくのか?!

先ほども記載した通り、排尿筋と内尿道括約筋が逆の動きをすることで、私たちは尿を溜めたり、尿を体外へ排出することができます。

尿を溜めている時の泌尿器の働き

膀胱に尿を溜めるため、膀胱の周りの筋肉である排尿筋は緩んでいます。

逆に尿道の括約筋は、尿が流れ出ないよう閉まっています。

膀胱内の尿量が増えれば増えるほど、括約筋は締まり、尿漏れを防いでいます。

尿を出そうとする時の泌尿器の働き

排尿時には、膀胱は尿を尿道へ流すため、排尿筋が締まり、尿道は尿を受け入れるために一気に緩みます。

もし、尿を我慢しなければいけない状況の場合、尿道の外括約筋は締まります。

膀胱の筋肉(排尿筋)、尿道の筋肉(括約筋)の連携プレー

このように、排尿筋と尿道括約筋が真逆の動きをすることで、尿が無意識に体外へ排出されず、膀胱の中の尿を全て出し切ることができます。

蓄尿、排尿はこの2つの筋肉の連携によって行われています。

おしっこ(尿)が出て行く時の脳の動きは

スムーズな蓄尿・排尿を行うための筋肉は先ほどお伝えした通りになりますが、排尿するタイミグは膀胱、脳、脊髄の神経が重要になってきます。

膀胱内の粘膜にある神経が、膀胱に100ml〜200mlほどの尿を感知すると脊髄を通り、脳へ蓄尿を伝えます。

すると私たちは尿意を感じ、トイレへ向かったり、我慢をしたりします。

この時まだ、脳は排尿のサインを送っておらず、膀胱もそのサインを待っている状態なため、蓄尿は続きます。

その後トイレへ行き、脳から排尿のサインが脊髄を通り膀胱や尿道へ送られると、排尿をすることができます。

この流れのおかげで私たちは、途中で尿を漏らしたりすることなく、自分の意思で尿を排出することができます。